Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

糖質制限にジャムパンはいいの?工夫次第で食べることができるかも!

執筆者 : sapur編集部さん

糖質制限中にジャムパンは食べても良いのでしょうか。糖質制限=甘いものはダメ、糖質量の多いものはダメというイメージから何となく食べてはいけない気がしますが、実はジャムパンは身体に良く、工夫次第では食べられるかもしれません。この記事では糖質制限中にジャムパンを食べることができるのか、ジャムパンが身体に与える影響について解説します。

糖質制限ダイエット中はジャムパンは控えた方が良い

結論から言うと、
糖質制限ダイエット中に
ジャムパンを食べることは控えた方が良いでしょう。

一般的なジャムパン1個あたりの糖質は約44.6gで、
これはかなり高めです。

100gあたりの糖質量で他の食材と比べてみると

  • そうめん:24.9g
  • スパゲッティ:26.9g
  • 中華めん:27.9g
  • 玄米:34.2g
  • 白米:36.8g
  • ジャムパン:44.6g
  • もち:49.5g
  • ビーフン:79g

糖質制限中は避けるべき食材である
スパゲッティや中華めん、白米よりも糖質が多いことが分かります。

このことからも
ジャムパンは糖質制限には不向き
であることが分かりますね。

1日に摂っていい糖質量はどれぐらい?

糖質制限ダイエットをするにあたっては、
まず、1日に摂っていい糖質量がどれぐらいかを知ることが大切です。

糖質制限医療推進協会によると、
1食に摂っていい糖質量は10~20g
1日に摂っていい糖質量は30~60gです。

これは食後の血糖値を、
よい状態にコントロールできる数値とされているためです。

血糖値が急上昇すると、
血糖値を下げようとして、
インスリンというホルモンが大量に分泌されます。

インスリンは別名、「肥満ホルモン」と呼ばれるほどで、
インスリンが分泌されるほど、太りやすい体質になってしまいます。

血糖値について詳しく知りたいという人は、
下の記事も是非参考にしてください。

ちなみに、糖質制限中に摂っても良い糖質の限界値である
60gがどれぐらいかというと
ごはんお茶碗1杯分です。

ジャムパンは約44.6gですので、1日に摂っても良い糖質量に納まっていますが
1食あたりに摂っても良い糖質量はオーバーしています。

さらに言えば、1日の食事をジャムパンで済ますという人はあまりいませんよね。
その他に食べるおかずにも糖質は含まれており、その分を加算すると
1日あたりに摂って良い糖質量をオーバーしてしまいます。

そのため、ジャムパンは
糖質制限中は控えた方が良い、ということになります。

1 2

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.