Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

「糖質制限中とっていい糖質量」にはダイエット法によって3パターンある!取り入れたい食材も

執筆者 : sapur編集部さん

炭水化物の糖質量を知ろう

いつも食べている炭水化物は、
糖質をどのくらい含んでいるのでしょうか?

代表的な炭水化物の糖質量をご紹介します。

  • ごはん1膳(150g)         約55g
  • 食パン1枚(6枚切り)      約26g
  • ゆでうどん1玉(250g)   約52g
  • ゆでそば 1玉(170g)   約40g

また炭水化物以外でも糖質を多く含んでいる食品も、要注意。

炭水化物を抜いたからといって、安心してはいけません。

根菜や果物は、意外と糖質が高いもの。

ダイエット中は食べてもなるべく少量にしましょう。

糖質制限ダイエット中に積極的に食べたい食材

糖質制限ダイエット中は、肉や魚、卵や納豆など、
脂質やタンパク質を含む食材を積極的にとりましょう。

糖質をカットする分、脂質やタンパク質で
カロリーを補うことが大切です。

「ダイエット中にカロリー制限しなくて大丈夫なの?」
と思うかもしれませんが、糖質制限食は
カロリー制限食よりもダイエット効果があるので、大丈夫です。

逆に無理なカロリー制限を続けていると、
体が低カロリーに慣れてしまい、
食事を通常のカロリーに戻したときにリバウンドしやすくなります。
参考までに、以下に糖質制限時にとりたい食材の糖質量を記載します。

  • 鶏肉(100g)  約0g
  • 豚肉(100g)  約0.1g
  • 牛肉(100g)  約0.4g
  • 卵1個     約0.1g
  • 納豆1パック  約2.6g

とくに鶏肉や豚肉、卵はほとんど糖質を含んでいませんよね。

これなら糖質量を気にせず、いくらでも食べられます。

ダイエット中にひもじい思いをしたくない人にとっては、
とてもありがたいダイエット法ではないでしょうか?

肉や卵を食べてもコレステロール値は上がらない

「肉や卵をたくさん食べていい」
と聞いて心配になるのが、体内のコレステロール値ですよね。

ひと昔前までは、
「卵を食べるとコレステロール値が上がるから、1日1個まで」
と言われていました。

しかしこれは、古い医学知識による誤りだったのです。

食品からとるコレステロールは、
体内のコレステロール値には何の関係もありません。

2015年には厚生労働省も、
1日に摂取していいコレステロールの基準値を撤廃しました。

なので、糖質制限ダイエット中は、安心して肉や卵を食べてくださいね。

まとめ

  • 1日にとっていい糖質量は糖質制限の種類により異なる
  • 糖質の低い肉や魚、卵は毎日とろう
  • 肉や卵で体のコレステロール値が上がることはない

糖質制限中にとっていい、1日の糖質量をご紹介しました。

糖質制限ダイエット中は、糖質を減らしたカロリー分、
脂質やタンパク質をとりましょう。

正しいダイエット法で、健康的に痩せてくださいね。

1 2

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.