Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

【初心者】牛乳の糖質は太りやすい? 糖質制限ダイエット中に気をつけたいカロリーや脂肪について解説

執筆者 : sapur編集部さん

糖質制限中にオススメの飲み物って?

牛乳も加工乳も糖質量が多いことがわかりましたが、低脂肪牛乳はどうでしょうか。

低脂肪牛乳100gあたりの成分

  • 100g中の糖質量:5.8g
  • 100g中の脂質量:1.4g
  • 100cc中のカロリー:66kcal

脂肪分が少ないから糖質量も少なそうというイメージがありますが、実は100mlあたり約6g
普通の牛乳よりも糖質が多いためより注意しなければいけません。

それでは豆乳はどうでしょうか?

豆乳100gあたりの成分

  • 100g中の糖質量:1.2g
  • 100g中の脂質量:4.1g
  • 100cc中のカロリー:45kcal

冷やした牛乳のこってりとした飲み口は魅力的ですが、
これを豆乳に替えると糖質量もグンと抑えることができます。
豆乳は大豆製品ですから、無調整のものを選べば植物由来から作られた無調整の豆乳は、糖質制限中にはおすすめの飲み物です。
糖質も100mlあたり1.2gと低いため、コップ一杯(300ml)飲んでも3.6gに抑えることができるのです。

牛乳を我慢したとしても、替わりに豆乳ならばコップでごくごく飲むことができそうです。

牛乳をダイエットに取り入れるコツ!

牛乳に含まれるカロリーや脂質など、栄養素について見ていきましょう。

牛乳の栄養分(100mlあたり)

  • カロリー:69kcal
  • タンパク質:3.4g
  • 脂質:3.9g

三大栄養素だけでなく、カルシウムやカリウムなどのミネラル分もまんべんなく含まれている栄養食品です。
牛乳の主成分である乳糖は、エネルギー源ではなくミネラル分の体内吸収を促進する働きがあるため、体にとても良いのです。

糖質制限中では、好きなように食べることができないストレスが溜まりやすいですが、
牛乳を適量飲むことでイライラ解消にもつながります。

牛乳を飲むのであれば、
朝一番にコップ半量以内(100~150ml)と決めて飲めば、
糖質量は5~7.5gに抑えられます。
食べ合わせる食材を野菜や海草、大豆食品にすればトータルの糖質量もコントロールできますので、工夫して牛乳を楽しんでも良さそうです。

まとめ

栄養抜群な牛乳の糖質量やカロリーについてご紹介してきました。
糖質制限中にはできれば飲むのを避けた方が良いですが、
量をコントロールしたり豆乳に代替したりすることで、飲みたい欲も満たせそうです。

基本的に体に良い食品なので、
分量に注意して賢く食生活に取り入れていきましょう。

1 2

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.