Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

【超基礎】糖質制限ダイエット中のバナナは大丈夫? バナナのカロリーやビタミンについても解説。

執筆者 : sapur編集部さん

糖質制限中だと、食べてOKな食品と食べたらNGな食品を把握するのは大変なことです。 バナナはダイエット法にも活用されたことがあるため、糖質制限中でも食べて良いのか気になりますよね。そこで今回は、甘くて美味しいバナナに含まれる糖質量やカロリー、バナナを食べる場合の注意点などについてご説明していきます。 大切なポイントを確認して、より成果の出る糖質制限ダイエットを目指していきましょう。

 

バナナは糖質制限中に食べてはいけないNG食品!

甘くておいしいバナナには、いかにも糖分がたっぷり含まれていそうですが、
糖質制限中の人にはまさに食べてはいけないNG食品なのです。

皮をむいて実際に食べられるバナナの可食部は、75%が水分でカロリーは約86Kcalと腹持ちも良いことから、ダイエットに活用されたこともありました。

しかし、バナナ1本中の糖質量は約23gあり、日本糖質制限医療推進協会が推奨する1回あたりの糖質量が多くても20g以下としている中で、バナナの糖質量は基準をはるかに超えていることがわかります。

 

バナナ1本でご飯半分の糖質?!

バナナの甘さはブドウ糖やショ糖、果糖など複数の糖質から生まれるものです。

各糖質は体内での分解スピードが異なっているため、血糖値は比較的ゆるやかに上がり、持続的に体にエネルギー源を共有してくれます。

腹持ちが良いのも、ダイエット中の身にはありがたいですね。

食事後に急に血糖値が上がると、早くエネルギーに分解しようとして体がインスリンを大量に分泌します。

バナナは甘いため血糖値に影響しそうではありますが、実は段階的かつ緩やかに上がるため、インスリン分泌量は安定し、中性脂肪が溜まりにくいと言えます。

このことから、一般的なダイエットにおいてバナナは活躍するのですが、糖質量が高いことは変わりませんので、糖質制限中の人にはNG食品となります。

一食分のご飯に含まれる糖質量が約55gとすると、
バナナ1本でご飯の約40%もの糖質を摂取することになりますから、
摂取には注意が必要であることがよくわかります。

1 2

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.