Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

酵素ドリンクの味に飽きたときのおすすめの飲み方!

執筆者 : sapur編集部さん

健康やダイエットのために酵素ドリンクを飲む人が多くなっています。しかし、味に飽きてしまうという悩みが多く、続けられずに途中でやめてしまう人も少なくないようです。数日食事を酵素ドリンクに置き換えて体重が減っても、元の食事に戻ればリバウンドしてしまいます。ダイエットはある程度長期的に継続しておこなうことでリバウンドしにくく、健康的に痩せることができます。 味に飽きてしまった時に試したいおすすめの飲み方をご紹介します。

おすすめの飲み方

水割り

濃縮タイプや原液タイプは濃厚感が薄くなり、飲みやすくなります。氷を入れたり冷やしたりするとまろやかになり美味しくなりますが、体を冷やしてしまいます。体を冷やすことはダイエット面、健康面でみても良くありません。できるだけ氷なしか常温の水で飲むようにしましょう。水はカロリーが0なので、ダイエットとして飲むにはピッタリの飲み方です。

炭酸水割り

炭酸水割りは経済的で、割ってもカロリーが変わりません。また炭酸が腹持ちを良くしてくれるので、一食を酵素ドリンクに置き換えるダイエットに慣れないうちでも取り入れやすいです。炭酸のシュワシュワでのど越しが良くなるのも特徴です。

ジュース割り

100%果汁のジュースや野菜ジュースで割ると栄養素がバランスよく摂取できます。濃縮還元ではなくストレートのリンゴやオレンジジュースがおすすめです。しかし、ジュースの中には、糖分が高いものや添加物が多く含まれているジュースもあります。選ぶときは無糖・無添加のものを選ぶようにしましょう。また、100%果汁や野菜ジュースで飲む場合は飲み過ぎに注意しましょう。

豆乳割り

豆乳には女性ホルモンに似た大豆イソフラボンが含まれているため、美容にも効果的です。また豆乳で割ると味がまろやかになります。イソフラボンの取り過ぎはよくないので、豆乳割りで飲む場合は一日200ccを目安にしましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を良くしてくれるため、便秘解消や美容効果があります。ヨーグルトは飲むタイプ、食べるタイプどちらもおすすめです。飲むタイプはヨーグルトの酸味、酵素ドリンクの甘みが混ざりまろやかになり飲みやすくなります。食べるタイプはドリンクだけではお腹が空いてしまい一食置き換えには辛い時におすすめです。

割材を選ぶ3つのポイント

 

酵素は熱に弱いため、熱いもので割るのは避けましょう。ダイエットはもちろん、美容・健康にもいい食品です。長く飲み続けられるように手に入りやすく、簡単に用意できるものを選びましょう。面倒臭いと飲むのが嫌になってしまいます。

ダイエットのために一食置き換える場合は腹持ちが良くなる炭酸水やヨーグルトで割るのがおすすめです。空腹に耐えられず食べてしまっては意味がありません。また、美味しく飲めてもカロリーが高くなってしまうとダイエット効果がなくなってしまいます。カロリーが低いものを選ぶと効果的です。

最後に

酵素ドリンクによって違いはありますが、わりとどんな食品とも相性がいいようです。いろいろな食品を試し、味や食感を変えながら飲むと続けられそうですね。自分にピッタリの飲み方を見つけ、継続して飲みましょう。

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.