Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

特定保健用食品素材で話題の難消化性デキストリンとは?

執筆者 : sapur編集部さん

特定保健用食品素材の難消化性デキストリンというものがダイエットに効果があると話題になっているのをご存知ですか?言葉を聞いたことがあってもどんなものか知らない人が多いのではないでしょうか。今回はそんな大注目の難消化性デキストリンの効果などについてご紹介していきます。

難消化性デキストリンとは

「難消化性」は消化されにくいという意味であり、「デキストリン」はでんぷんまたはグリコーゲンの加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称です。

難消化性デキストリンとは、とうもろこしのでんぷん質から精製され生まれた、水溶性食物繊維の一種を指します。

安全性の高い食品として認可されており、特定保健用食品として認められています。また、健康面で高い効果が得られるとして注目を浴びています。

難消化性デキストリンの効果とは

整腸作用

難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維です。そのため、水分保持力が強く便を柔らかい状態で保ってくれるので、便を柔らかくしてスムーズな排便を促すことができます。

また、消化されにくいという特徴があり便量を増す効果もあるため、排便をおこすぜん動運動を刺激する効果も得られます。

さらには、余分な脂質を吸収して排出するように促してくれたり、腸内細菌の改善を助ける働きもあるので、整腸作用の効果もあります。

血糖値の上昇抑制

食事から摂取した糖質は体内でブドウ糖に分解された後、小腸で吸収されて肝臓へ運ばれます。難消化性デキストリンには小腸で吸収される際に、その吸収を緩やかにする働きがあるのです。糖質がゆっくりと吸収されることで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

血糖値の急な上昇は、血液中のブドウ糖を増やし余分なブドウ糖を脂肪へと変えてしまうため、ダイエット中はもちろんのこと、普段の生活においても好ましくありません。しかし難消化性デキストリンがあれば、糖質が吸収される前に抑制作用が働くので痩せやすい体質へも変化させることができる、ということです。

中性脂肪の上昇抑制

水溶性食物繊維である難消化性デキストリンは、胃の中に入るとドロドロとしたゲル状に変化する特徴があります。ゲル状になった難消化性デキストリンは、胃の中に長時間ゆっくりと滞在しながら消化されていくので、血糖値と同じように、中性脂肪の上昇を抑える効果もあるのです。

また、難消化性デキストリンは、脂質や脂肪分解に関わる胆汁酸と合成されると、脂肪に変化せずにそのまま便として排出する効果があるともいわれています。

内臓脂肪の減少

さらに驚くべきことに難消化性デキストリンには、外部から身体を守る防御作用以外に、元々身体に溜まっている内臓脂肪を減らすという効果もあるのです。

実験データとして、3ヶ月摂取した被験者の、内臓脂肪の面積がマイナス44%になっていたという結果も報告されています。内臓脂肪は、食事の改善や運動でも落としにくい脂肪です。毎日続けて服用すれば、脂肪を根こそぎ排除できる効果も期待できるので、ダイエット中の強い味方となってくれるのは間違いないでしょう。

ミネラルの吸収を促進

ダイエット中などに不足しがちな成分がミネラルです。難消化性デキストリンには、カルシウムやマグネシウム、鉄分や亜鉛の吸収を促進する効果があるので、ミネラル不足なダイエット中におすすめといえます。お肌を潤い、貧血も防いでくれるので特に女性には嬉しい効果といえます。

また、難消化性デキストリンによって血液中に存在するヘモグロビン(不足すると貧血になりやすい赤血球)が増加するともいわれています。身体の内部から外部まで、しっかりと働きかけてくれます。

難消化性デキストリンとデキストリンの違いって?

健康食品のパッケージに記載されている「難消化性デキストリン」と「デキストリン」。2つは同じ成分と思われがちですが、全く異なる成分なのです。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、炭水化物の中から、水溶性食物繊維を抽出した成分となります。身体に与える効果も大きく糖質も含まれていないので、ダイエット中に摂取する人が多いのが特徴です。

便秘改善や血糖値の上昇を抑えるなどの、嬉しい効果が期待できます。しかし、食物繊維であるため過剰に摂取すると下痢などの症状が起きやすいので注意が必要です。

デキストリン

一方、デキストリンは糖質も含まれている炭水化物そのものです。そのため、過剰摂取してしまうと、糖分の取りすぎになってしまいます。

また、ゆっくりですが、身体に吸収されていくのもデキストリンの特徴といえます。結果的には、過剰摂取によって血糖値や血圧の上昇を引き起こしてしまうため、摂取量には注意が必要です。

難消化性デキストリンとポリデキストロース

ポリデキストロースは、難消化性デキストリンと同じく水溶性食物繊維です。とうもろこしのでんぷん質から精製されたものにブドウ糖とソルビトール、クエン酸を加えた食物繊維です。

血糖値の上昇抑制やコレステロール減少の効果はありますが、内臓脂肪を減らしたり、ミネラルの吸収を促進するような難消化性デキストリン同様の効果はありません。

最後に

「整腸作用」や「血糖値や中性脂肪の上昇抑制」、「内臓脂肪の減少」など、難消化性デキストリンには、ダイエットに効果的な働きがたくさん含まれています。また、天然素材であるため身体にとっても優しい食物繊維です。

過剰摂取は避けて、デキストリンと間違わないように摂取すれば、便秘改善やお肌にもいいのでおすすめな成分です。

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.