Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

酵素とは一体なに?3種の酵素の気になる働きを紹介

執筆者 : sapur編集部さん

酵素ドリンクや酵素ダイエットなどいたるところで使われている「酵素」。女性の方は一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが、どんなものなのかしっかりと理解していますか?今回はそんな酵素について、一体どんなものなのか、体にどのような影響があるのかをご紹介していきます。

酵素とは?

酵素ドリンクや酵素パウダーなどという言葉を聞くと、酵素は栄養素のひとつと思われる方が多いのですが、酵素は栄養素とは違ったもので、身体になくてはならない働きをしています。

酵素は生体活動に関与する物質で、体内でおこる化学反応を促進します。簡単に言うと、食べた栄養分をエネルギーに変えたり、病気や怪我が治ろうとする現象は酵素による働き。酵素は私たちが生きていくために必要不可欠な成分なのです。

また、酵素には大きく分けて3つの種類があり、それぞれの酵素につき1つの働きしかありません。よく知られているミネラルやビタミンは補酵素と呼ばれていて、酵素の働きを助けることがわかっています。

3つの酵素とは?

消化酵素

身体の中で作られる消化酵素は、口から入った食べ物や飲み物の消化や吸収を促進するために必要な酵素です。

消化酵素が働くことによって、身体に入った食べ物などの栄養が分解され小腸で吸収されて、エネルギーに変わっていきます。

消化酵素には、唾液に含まれているでんぷんを消化するアミラーゼ、膵液に含まれて脂肪を分解するリパーゼ、アルコールを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素、胃液に含まれてたんぱく質を消化するプロテアなどがあります。

どれも私たちの身体にとても大切で必要な働きばかりですね。

代謝酵素

代謝酵素は消化酵素によって吸収された栄養を、身体の中で動かす役目をします。

主な役割は新陳代謝を促したり、身体にたまった毒素を汗や尿として排出したりすることで、免疫力を高め怪我や病気を治す力があります。

その他にも運動や呼吸、脳の働きにも大きな影響を及ぼしていて、人間の身体の中では毎日無数の代謝酵素が働き続けています。

消化酵素と代謝酵素の2つはどちらか一方がないとパワーを発揮することはできません。人間が生きるための大切な2大酵素と言えるでしょう。

食物酵素

食物酵素はトマトやニンジン、セロリやキャベツなど生の野菜やりんごやバナナなどの果物に多く含まれていますが、胃液の酸性の影響で活性を失ってしまうので、体内で直接的な働きは期待できません。

ところが食物酵素には、食材の栄養効果を高める他、新しい栄養を作ったり、食材の風味を増す効果もあり、さらには消化しやすくする働きがあります。直接的な効果はなくても間接的にパワーを発揮することができるので、摂り入れるようにしてください。

また味噌やぬか漬け、麹、納豆、キムチなどの発酵食品も食物酵素が多く含まれるので積極的に毎日の食事に摂り入れることをおすすめします。

食物酵素は、消化酵素や代謝酵素が効果を出すために必要な働きをします。3つの酵素がしっかり機能を果たしていてこそ、健康な身体が維持できるのですね。

酵素のそれぞれの働きを簡潔に振り返る

身体の中で作られる消化酵素と代謝酵素、食品から摂りいれる食物酵素の3つは、人間が生きていくために欠かせない成分です。それぞれの酵素は働きや身体に及ぼす効果が違っていて、それぞれに支え合いながら役割を果たしています。

元気で過ごすために効果的な酵素を含む食品を積極的に摂りいれて、身体が持つ酵素の機能を存分にいかしていくことが大切です。

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.