Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

2ヶ月で-16キロに成功した倖田來未ダイエットを紹介!3つの簡単な方法で痩せられる

執筆者 : sapur編集部さん

妊娠を機会に16キロも激太りをしたアーティストの倖田來未さん。今では1児の母としても知られる彼女ですが、なんと出産後たった2ヶ月で-16キロに成功。もとの体重に戻りました。ハードなダイエットをおこなっていたのでは?なんて考えてしまいますが、実はいたってシンプルなダイエット方法を実践していたようです。今回はその倖田來未さんが実践した、3つのダイエット方法をご紹介していきます。

倖田來未は-16キロのダイエットに成功

2012年に赤ちゃんを出産してママになった倖田來未さん。もともと食べることが好きだったこともあり、妊娠を機に体重が大幅にアップしてしまいました。しかし、出産後たったの2ヶ月で-16キロの産後ダイエットに成功したのです。

16キロは4歳の女の子ひとり分の重さです。その重さを2ヶ月で減らした倖田來未さんのダイエット法は、過激な食事制限や運動をおこなうダイエット方法と思いきや、そんなことはないのです。本当に?と思うのは当然でしょう。それでは、そんな魅力的なダイエット方法を詳しく紹介していきます。

倖田來未が実践した3つのダイエット方法

18時以降の食事制限

夜食はダイエットの大敵といわれているほど、夜摂取した食べ物は脂肪になりやすいといわれていますね。この夜は太るという原理は、ビーマルワンといわれるタンパク質が原因となっているのです。

ビーマルワンは肥満遺伝子とも呼ばれているほど脂肪を蓄えるパワーのあるタンパク質です。時間によりビーマルワンは増減します。14時前後は減少し、深夜2時から4時が増殖するピークです。そのため、夜に食事をすると太りやすくなってしまうのです。

倖田來未さんは、ビーマルワンの性質を意識して、18時以降は食事を摂らないダイエット方法を取り入れていました。

そうめんダイエット

倖田來未さんは食べることが好きなため、食事はしっかりと摂るダイエット方法を取り入れていました。そこで、実践していたのがそうめんダイエットです。これは、そうめんを主食としたダイエット方法になります。

一食約350kcalでご飯1膳分より高カロリーなそうめんですが、そうめんを食べるときにおかずは食べませんね。また、そうめんに加える薬味は生姜やねぎといった低カロリーなものが多いです。さらに、大葉や海苔、大根おろしやゴマなど、薬味を変えるだけで味が変化します。このため、マンネリを回避することもできて続けやすく、ダイエット効果が期待できるのです。

注意!そうめんは食べ過ぎると太る

そうめんは一人前約350kcalあります。前項にも記載しましたが、お茶椀一杯分よりもカロリーがあるのです。したがって、食べ過ぎないことが大切です。

また、どうしても別のものが食べたいと思ったときは、お蕎麦を代用する方法がおすすめです。一人前約250kcalで低カロリーな上に、低GI食品なので血糖値が上がりにくく太りにくい特徴があるためです。また、ビタミンB群や食物繊維、ルチンも豊富なので、栄養補給にもぴったりです。

するめダイエット

18時以降は食事を控えるダイエット方法を取り入れていた倖田來未さんは、夜にお腹が空いたときはするめを食べていたそうです。これは、するめを食べてダイエットをする「するめダイエット」をしていたといえます。固いするめを噛むことで満腹中枢を刺激し、食欲抑制につながるダイエット法です。

ポイント!小顔効果も期待できる

するめは噛めば噛むほど甘みが溢れてきます。同時によく噛むことによって顔の筋肉が鍛えられるため、顔痩せや小顔効果が期待できるのです。空腹のストレスも溜まりにくくなるため、上手にダイエットを乗り切るためにも、するめは効果的なダイエット食品です。

成功させるためのポイント

ストレスを感じないこと

倖田來未さんがダイエットを成功させた一番のポイントは、ストレスを溜めなかったことです。ダイエッターなら一度は感じたことのあるダイエットによるストレス。このストレスが、三日坊主やリバウンドをさせてしまう大きな原因になってしまいます。

倖田來未さんは、そうめんダイエットなどの軽い食事制限は取り入れていましたが、極端に食べないというわけではありませんでした。そのため、食べられないというストレスを感じにくくさせていたことが、挫折せずに成功させるポイントとなったのです。

継続しやすいダイエット方法に取り組む

痩せるためなら食事制限だって惜しまない方、運動することが苦じゃない方、ひたすら同じことが続けられる方、など人はさまざまです。そして、痩せるといっても、続かなければ意味がありませんね。よって、自分が続けやすいと思うダイエット方法に取り組むことが大切なのです。そうすることで継続力が上がり、ダイエットに成功する確率が高くなります。

注意点

短期間で急激に体重を落とさない

短期間で急激に体重を落とすと、リバウンドの確率が高まってしまいます。少量のエネルギーしか消費できない身体となってしまう身体の機能「ホメオスタシス」と、満腹中枢を刺激する「レプチン」の減少が、リバウンドを引き起こしてしまうのです。

また、急激なダイエットはその分、我慢も大きいですね。その我慢が爆発して過食に走ってしまい、リバウンドをしてしまう危険性もあるのです。

栄養バランスを考える

そうめんダイエットや18時までの食事制限に取り組む場合には、栄養の偏りに注意しましょう。薬味には栄養ある納豆などを加える、食べるときはしっかりと食べる、ほかの食事は栄養のある食べものを選ぶ、などに注意しなければなりません。体調不良につながる危険性があるためです。

倖田來未が実践したダイエットの口コミ

倖田來未さんが取り組んだダイエット方法は、個々で試している方も多いようです。体重減少も期待できる方法ばかりなので、まずはどれかひとつ取り組んで、慣れたらもうひとつといったように数を増やしながら続けてみてはいかがでしょうか。

終わりに

今回は倖田來未さんが実践したダイエット方法をご紹介しました。とくに18時以降の食事制限は効果的だといえます。太りにくい時間帯はローカロリーの食事を心がけ、痩せやすい身体作りをおこなっていきましょう。

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.