Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

食事中に紅茶を飲むと脂肪の吸収を抑えてくれる!飲むだけで簡単。紅茶ダイエット

執筆者 : sapur編集部さん

ふだんなにげなく飲んでいる紅茶ですが、食事といっしょに飲むのをすすめるCMを見かけるようになりましたね。ワンランク上の高級紅茶などの新商品が次々と発売されたりと、生活していく上でますます身近な飲み物になっている紅茶。「日本の日常茶」として広まりつつありますが、実はおいしいだけではなく飲むだけで驚きのダイエットの効果がありました!

紅茶ダイエットとは

紅茶ダイエットとは、1日の中でタイミングを合わせて1日3杯紅茶を飲むだけと、とても簡単なダイエットです。効果に高めるために重要なのは飲み方です。「砂糖を入れない無糖の紅茶を飲む」「冷たいものではなく、ホットで飲む」「食事中にいっしょに飲むか、食後30分の間に飲む」だけです。食事を紅茶だけに1食置き換えるダイエットではないので、我慢をせずにいつでも気軽に始めることができます。

そもそも紅茶はダイエットに効くの?

紅茶は発酵食品で飲むと整腸作用がある

あまり知られていませんが、紅茶は製造過程で茶葉を酸化発酵しているので、身体によいとされている発酵食品に分類されます。発酵食品というと、みそやしょうゆ、チーズなどを想像してしまいますが、乳酸菌や納豆菌のような菌が働くのとは違います。

紅茶は、茶葉をもむことで発酵がすすみ、色も緑色から褐色に変化していきます。そうすることで香りの成分が増加して、ほどよい渋みとコクが出てくるのです。

また、腸内の善玉菌を増やし、整腸作用があるので腸の働きをよくしてくれます。便秘の改善や美肌効果にもつながりますよ。

紅茶ポリフェノールがウーロン茶と同じで脂肪吸収を抑える

紅茶に含まれるポリフェノールは烏龍茶と同じく、脂肪吸収を抑制する効果があります。

脂肪分解作用があるといわれる烏龍茶ですが、もともと「ウーロン茶重合ポリフェノール」という脂肪の吸収をおさえて体に脂肪がつきにくくなる成分が含まれています。この成分がふえたものがトクホの『黒烏龍茶』で有名ですね。紅茶の場合は「紅茶ポリフェノール」とよばれていますが、身体にもたらすダイエット効果は烏龍茶と同様に期待できるといわれています。

カフェインによるデトックス効果

紅茶に含まれるカフェインが余分な老廃物を流し、さらに利尿作用によりむくみを解消してくれます。

コーヒーや紅茶などカフェインが含まれる飲み物を飲むとトイレに行く回数が増えることはありませんか。排泄が進むのは身体の余分な水分や塩分などの老廃物が排出されているからです。体の中から健康的に改善され、尿もきれいになっていきます。飲み続けると便秘からきていた肌荒れが解消されたり、足や顔のむくみがなくなったりと、目に見える効果が期待できますよ。

身体を温める効果がある

緑茶やコーヒーは身体を冷やしてしまうといわれていますが、紅茶は身体を温める飲み物として知られています。

緑茶は発酵していない不発酵茶です。一方、紅茶は製造過程で発酵していて茶葉が濃くなっています。茶葉が茶色のものは身体があたたまり体温をあげる効果があるといわれています。色が濃く茶色いお茶はほかにもプーアル茶、ほうじ茶、ジャスミン茶などがありますが、これらも同様に温まる飲み物なので覚えておくと冬場などは助かりますね。

紅茶ダイエットの方法

紅茶ダイエットは即効性のあるダイエットではありません。毎日飲むことで少しずつ体質改善をしていき、やせやすく太りにくい体に変えてゆくものです。早ければ1ヶ月ほどで効果があらわれますが、2ヶ月以上は継続しましょう。特に激しい運動をしたり食事を置き換える必要もないので、普段通りの生活をしながら気軽に紅茶をプラスしていければよいですね。

ホットのストレートティーを食事にあわせて飲むだけ

紅茶ダイエットはホットのストレートティーを1日3回飲みます。朝食に1回、昼食に1回、おやつ時に1回など、まとめてではなく定期的に飲むことでダイエット効果を長時間持続できるようになります。夜寝る前に飲むとカフェインの効果で目が覚める場合もあるので気をつけましょう。

紅茶にはさまざまな効果があるのでアイスティーでも同じかというとそうではなく、ホットの方が身体が温まり、代謝もよくなって脂肪燃焼効果も上がります。また、ホットにすると香りとコクが増すのでリラックスすることができます。

紅茶はミルクを足すとカロリーも増えてしまい、ダイエット効果も薄れてしまいます。基本的にはストレートティーで飲むのがおすすめです。

紅茶を飲むタイミング

紅茶ダイエットは飲むタイミングも重要で、食事中または、食後30分以内に飲むのがおすすめです。

脂肪吸収を抑えてくれるので食事と関係のない時間に飲むとせっかくの効果が薄れてしまいます。食事とからめて飲むと効率よくカフェインを取り入れることができますよ。

一般的には加糖のものやミルクやレモンが入ったものが自動販売機やコンビニでは多く売っていますが、これらは甘いのでリラックス効果が高く、スイーツなどと合わせて飲むものが主流です。CMではおにぎりなどのごはんものに無糖の紅茶を合わせて飲むものが放送されています。無糖紅茶にはこうした健康効果もあるので、食事に合わせるのをおすすめしているのですね。

紅茶+αで紅茶のダイエット効果を高める!

紅茶ダイエットは甘味を入れずにそのまま飲むのがおすすめですが、ストレートの紅茶に、ダイエット効果のある食材をプラスしてさらに効果を高めることも可能です。紅茶に、よいとされるお好みのテイストを加えて、楽しみながら続ける人が増えています。

紅茶+蒸し生姜

紅茶に蒸し生姜を入れると身体を芯から温める作用があり、よりダイエット効果が高まります。生姜は身体を温める食材第1位といわれるほどで、体温が上昇することによって基礎代謝もあがり、痩せやすく太りにくい体をつくることができます。そのほかにも余分な水分を排出する働きや、自律神経のバランスを整える効果もあります。

蒸した生姜を1週間ほど乾燥させてミキサーで粉末状にしたものを紅茶にさっと入れるだけです。市販でもパウダー状のものが売っていて、生の生姜よりも効果が高いと話題になっています。

紅茶+シナモン

シナモンも脂肪細胞の働きを抑え、身体を温める作用があり、ダイエット効果があるということが知られています。無糖のシナモンを紅茶に一振りして飲むだけなので、とても簡単で香りもよくなります。砂糖を入れなくても独特の甘みが出るので余分な糖分をとらなくて済みます。おいしいだけでなく、ダイエット中には特にうれしいですね。

ほかにもシナモンには血糖値を抑える効果があります。シナモンを摂取していると30%も血糖値が減少するというおどろきの結果も出ていて、空腹時や食事の食べ過ぎなどを抑えるのにも有効です。

紅茶+レモン酢

レモンティーは有名ですが、ダイエットにはレモンを砂糖と酢に漬け込んだ「レモン酢」が効果的です。テレビでも取り上げられて話題になっていて、レモンの白い薄皮の部分と、酢に含まれるアミノ酸が糖によって変化した酸の効果でダイエットできます。このレモン酢の輪切りを紅茶に浮かべると美味しいレモンティーになります。一緒にレモンまで食べるとさらに効果がUPします。紅茶1杯にレモン酢大さじ2〜3杯が適量です。

レモンの皮の白い薄皮に含まれる成分には脂肪の吸収を抑える効果と脂肪燃焼効果があるので、残さず取り入れたいですね。

注意点

紅茶の飲み過ぎに注意

紅茶ダイエットは紅茶を飲むだけで簡単なので、効果があらわれるのを急いでついつい飲みすぎてしまいがちですが、紅茶に含まれるカフェインの過剰摂取は胃が荒れるなど体調を崩す恐れがあります。

レストランに行くと食後にコーヒーや紅茶を出されることが多いですよね。カフェインを摂取すると胃酸の分泌量が増えて消化をよくしてくれるのです。食事と関係のない空腹時に飲みすぎると胃酸で胃が荒れてしまうので注意が必要です。1日に3〜4杯にとどめるのがちょうどいいでしょう。

甘味を出すために砂糖を使わない

紅茶というと市販の商品のように甘くして飲みたくもなりますが、砂糖を入れると、身体が冷え、逆効果になってしまいます。甘味がほしい場合は黒糖か、ハチミツを少量入れてください。

黒糖やハチミツには鉄分やミネラルが含まれていて、さらに身体を温める効果もプラスされます。黒糖の黒い部分にはブドウ糖が腸に吸収されるのを抑制する成分が含まれています。糖質の分解を助けるビタミンも含まれているので、効率よくエネルギーとして消費されるのです。生姜やレモンに甘味を少量合わせても飲みやすくなりますね。

ミルクティーで飲むときは、豆乳やアーモンドミルクを

ミルクティーで飲みたい方は、カロリーオーバーを避けるため、豆乳やアーモンドミルクで代用しましょう。ミルクティーといえば牛乳が一般的ですが、コップ1杯で134kcalと、カロリーが高くなってしまうのが難点です。それに対し豆乳は95kcalで牛乳と比べるとだいぶ低くなります。アーモンドミルクに関してはたったの30kcalなので、かなりの低カロリーになります。牛乳と置き換えれば大幅にカロリーを抑えられますが、入れ過ぎには注意が必要です。

口コミ

紅茶ダイエットでさまざまな効果があらわれている人はいるものの、短い期間だと思ったように効果が出ない人も多いようです。紅茶ダイエットは短期集中のダイエットではないので、2ヶ月以上続けていくことを目安にしていきましょう。

まとめ

紅茶ダイエットは、食事中や食後にお茶のように合わせて飲むだけで脂肪吸収、整腸効果、利尿作用、基礎代謝アップ…などダイエットにつながるさまざまな効果があることがわかりました。ホットの紅茶でリラックスしながら食事を楽しみ、身体の中からキレイになっていきましょう!

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.