Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

なにげなく飲んでいるその緑茶、じつは素晴らしいダイエット効果があるって知ってた?

執筆者 : sapur編集部さん

日本人がこよなく愛する飲み物といえば、「緑茶」ですね。食事やティータイムに毎日飲んでいる人も多いのではないでしょうか。実は、そんな普段なにげなく飲んでいる緑茶には、ダイエッターにうれしい効果がたくさん含まれているのです。やり方や効果を熟知して、ダイエットや健康維持のためにも緑茶を効率よく飲用していきましょう。

緑茶ダイエットとは

緑茶ダイエットは、緑茶に含まれているカフェインやカテキンの効果を利用しダイエットにつなげるダイエット方法です。緑茶を飲用するだけなので、無理な食事制限や運動は必要ありません。しかも飲用するタイミングによって効果は変わってきます。また、ダイエット飲料のような飲みにくさもないので、続けやすいダイエット方法でもあります。

緑茶ダイエットの効果

脂肪燃焼効果

緑茶には、渋みや旨みに欠かせない成分「カテキン」が含まれています。ポリフェノールの一種で、抗菌や殺菌作用、エネルギー消費を増加させて脂肪燃焼を促す効果があります。また、「カフェイン」も配合されているため、カテキン同様に脂肪を分解・燃焼する高い効果が得られるのです。

過食を抑制

緑茶には、食物繊維が多く含まれています。食物繊維は胃を膨らませるため、飲用することでお腹を満たすことができるのです。そのため過食を抑制する効果があるのです。

糖質吸収を抑制

緑茶に含まれるカテキンには、消化酵素の働きを抑える効果があります。消化に時間を要するため、脂質や糖質を吸収するスピードを下げることができるのです。吸収が穏やかになれば、自然に血糖値の上昇も防げるため、糖質の吸収が抑制できます。

緑茶ダイエットの効果的なやり方

緑茶ダイエットは緑茶を飲むだけの簡単な方法です。しかし、緑茶ならどんな飲み方でも効果が発揮されるわけではありません。

ポイントは「温かい」緑茶であること。冷たい緑茶でも効果はありますが、温めることにより新陳代謝アップにもつながるので、温かくしてから飲用しましょう。また、飲むタイミングでも効果は異なります。運動前に飲用すれば、脂肪燃焼効果をさらに上げることができます。食前であれば、食物繊維の働きにより食べ過ぎを防ぐ効果が得られるのです。一方、食後に飲用することで、摂取した脂質や糖質の吸収を抑えることができます。自分の好みに合わせて飲むタイミングを変えましょう。

ちなみに緑茶ダイエットの効果が表れるのは、人それぞれです。1ヶ月程度かかる人が多いといえます。

短期間で集中的に体重を落とすタイプのダイエットではないため、時間をかけてゆっくり取り組むダイエット方法だということを頭に入れておきましょう。

また、緑茶はなるべく濃く抽出することもポイントです。濃い分、カフェインやカテキンを多く摂取できるからです。おいしい緑茶の淹れ方は、煎茶小さじ4に対してお湯170ml(70℃)を注ぎ入れて2分蒸らす方法です。湯呑茶碗3杯分になります。

運動の前に飲むと・・・

緑茶には、カテキンやカフェインなどの脂肪を燃焼させる効果の高い成分が含まれています。その効果を最大限引き出すには運動の前に摂取するのがおすすめです。温かい緑茶が体を温めて内臓を活発にするため、新陳代謝が高まりさらに脂肪燃焼を促進させてくれます。

食事の前に飲むと・・・

食物繊維を含む緑茶は、食事の前に飲用することによりお腹を膨らませることができるため、食べ過ぎを防ぐことができます。つい食べ過ぎてしまうという人は、ぜひ食前に飲用しましょう。朝昼晩と満遍なく摂取するのがポイントです。しかし、毎食は飲むタイミングがつかめない人も多いでしょう。そこで、1日1リットルを目安に、飲めるときに飲むスタイルでも大丈夫です。

食事の後に飲むと・・・

緑茶は、脂質や糖質の吸収を抑制する効果があります。食後に摂取することにより、摂取した脂質や糖質の吸収を下げることができます。食べ過ぎたときや脂っこいものを摂取したときは、食後に緑茶を飲んで、吸収される量を減らしましょう。

食前同様に、毎食飲むことがベストですが、必ずではないため無理のないように飲用していきましょう。飲む量も1日1リットルを飲みきるよう配分しましょう。

注意点

空腹時に飲まない

緑茶にはカフェインが含まれています。カフェインは、胃酸の分泌を促す働きがあります。空腹時に飲用してしまうと「お茶酔い」という体調不良を起こしてしまう場合があるため避けなければなりません。食事前に飲む場合、空腹が激しい場合は少し何かを食べてから飲用してください。胃が空っぽの状態で緑茶を飲用すると、胃が荒れて胃痛を起こしてしまいます。

妊婦さんはNG

緑茶に含まれるカフェインは、妊娠している人にとって避けなければならない成分です。生まれてくる赤ちゃんの身体に悪影響となる成分だからです。また、貧血になりやすい妊婦さんにとって、カフェインは鉄分の吸収を阻害する働きもあるので、母体にとっても危険を与えてしまいます。体重制限で悩んでいる妊婦さんは、ほかの方法で体重管理をおこないましょう。

飲む時間帯に注意

眠気を感じているときにカフェインを摂取すると、眠さが和らぐのは有名な話です。覚醒作用が働き、眠気を抑えてくれるためです。逆に、寝る直前にあまりにも飲み過ぎてしまうと、カフェインの覚醒作用で眠りが浅くなりダイエット効果が半減してしまいます。ダイエットには良質な睡眠が欠かせないからです。就寝の4時間前くらいから、緑茶を飲むのは控えましょう。

口コミ

緑茶ダイエットの評価は、賛否両論といえます。急激な変化があるダイエットではないためです。しかし、緑茶の持つ効果は、ダイエットはもちろん健康維持にも欠かせません。気長に続けていくことが成功のポイントです。

まとめ

ダイエットをする上で、水分補給となるドリンクの選び方は非常に重要です。その点、緑茶はノンカロリーかつヘルシーな飲みものです。今までジュース類を多く飲んできた人は、それを緑茶に変えるだけでも大幅なカロリーカットになり、ダイエット効果が期待できます。

さらに、カフェインやカテキンの効果によって糖質や脂質などの吸収を抑制して、脂肪燃焼を促してくれます。このように、緑茶はダイエットに効果的な飲み物なのです。

また、温かい緑茶は心をリラックスさせてくれるので、ダイエットで溜まりやすいストレス緩和のためにも、ぜひ飲用していきましょう。

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.