Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

こんにゃくダイエットの効果と正しいやりかた。1食置き換えるだけでみるみる痩せる?

執筆者 : sapur編集部さん

こんにゃくダイエットはこんな人にオススメ!

こんにゃくダイエットは、なるべく我慢をしないでダイエットをしたい方に特におすすめです。また、こんにゃくは料理のレパートリーが豊富なので、料理が好きな方にとっても最適のダイエット方法だと言えます。便秘がちなことが原因でなかなか思うようにダイエットが成功しなかった方や、基礎代謝が悪い方にも挑戦していただきたいダイエット方法です。

こんにゃくダイエットの注意点

%e6%b3%a8%e6%84%8f%ef%bc%91

摂取量に気を付ける

こんにゃくダイエットを実践する上で、注意しなければいけないことがいくつかあります。一つ目はこんにゃくの摂取量です。こんにゃくはいつでも手に入りますしとても安価です。さらに低カロリーなので、こんにゃくをメインの食事にしてしまうようなダイエットに走ってしまいがちですが、そんな間違ったダイエットは非常に危険です。どんなに体に良い食材でも、食べすぎはかえって悪い影響を起こしかねません。

栄養が偏りやすい

こんにゃくには体に嬉しい栄養がたくさん含まれていますが、毎日こんにゃくばかりを食べていたのでは、栄養が偏ってしまいます。こんにゃくは満腹感を感じやすい食品なので、それが原因で他のものを食べようと思わなくなってしまい、栄養不足に陥る可能性もあります。特にこんにゃくに含まれるヨウ素は、エネルギー消費量を増やし、基礎代謝を高める働きを持っていますが、摂りすぎると甲状腺の病気を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

腸閉塞、お腹の調子に要注意

こんにゃくの主要成分であるグルコマンナンは、私たちの体で消化が出来ない食物繊維です。消化されないグルコマンナンはそのままの形状で大腸内を通過するため、便秘の改善に期待が持てるのですが、食べすぎてしまうと腸を詰まらせ、それがかえって便秘を引き起こすことがあります。これが腸閉塞と呼ばれる病気です。腸閉塞になってしまうと自然によくなることはないので、すぐに病院に行かなくてはなりません。場合によっては緊急手術ということもあるようです。

安心できるこんにゃくの量は?

板こんにゃくで300gほどが一日に摂取しても問題のない量です。ただし、一度に300gを食べてしまうと、腸閉塞の危険が高くなるので、数回に分けて食べるようにしましょう。

弾力があるので

こんにゃくはとても弾力のある食品です。以前、こんにゃくを使ったゼリーなどを食べて、子供やお年寄りがのどに詰まらせる事故が多発しました。今はメーカー側も改善を図り、そのような問題はなくなりましたが、やはりこんにゃくを食べる場合は、その弾力への注意も必要かもしれません。

こんにゃくダイエットの口コミ

どうしてもご飯なしだとツラいので、こんにゃくライスをご飯と炊いてカロリーダウンしています。ちょっとベタついたご飯になりますが、まずくはないです。匂いも気になりません。
さらに、野菜をたくさん使ってチャーハンにしたり、雑炊にすると、量が増えて満腹感アップです。
こんにゃくライスをスープ類に入れても、満足感・満腹感が得られます。
白滝や糸こんにゃくをカットして使うのもいいですが、市販のこんにゃくライス、安価ですし便利です。

夕食を炭水化物抜きを実践してたんですが、続けるのがむずかしいです。でも、炭水化物の替わりに、しらたきでパスタ風に料理しはじめたら、いい感じに頑張れています。

朝はこんにゃく。ドレッシングで食べるととてもおいしいです!冷蔵庫に一週間分のこんにゃくが(笑)2月末までに3キロ落とします!

夜の白米を白滝に変えてます。実践中なんで頑張ります。

こんにゃく麺を冷麺に混ぜて誤魔化して食べたのは美味しかったです。こんにゃく麺と冷麺が半々になるくらいでいいと思います。炒めたベーコンにこんにゃくを加えて甘辛く炊いたものも、美味しくてペロッと食べちゃいました。あと、こんにゃくをただ茹でてポン酢に漬けたのも美味しかったですが、日にちを置くと味が水っぽくなる気がしたので、作り置きはオススメしません。

引用元:http://dietclub.jp/methods/674.html

1 2 3 4

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.