Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

日本酒は糖質制限中に飲んでもいい?控える理由と飲んでいいお酒をご紹介!

執筆者 : sapur編集部さん

日本酒はほんのりと甘みがあって、冷やしても温めてもおいしく飲めますよね。糖質制限ダイエット中にも、日本酒がやめられないという人は多いのではないでしょうか?日本酒の糖質量やダイエット中におすすめのお酒、お酒のカロリー一覧をご紹介します。糖質が低いお酒でも、飲みすぎは痩せない元となるのでご注意くださいね。

日本酒は糖質制限中に避けたほうがいい!お酒を飲むなら蒸留酒を

日本酒(純米酒) 100mlの糖質量は3.6gです。

市販の日本酒1カップ(1人分)は200mlなので、
1カップ飲むと糖質量は7.2gにもなります

日本糖質制限医療推進協会よると
糖質制限中の人が1回の食事で摂取しても良い糖質の量は
「10g~20g以下」となっています。

これは食事1回あたりの量ですので、1日3食を取る平均的な日本人の食生活の場合、
単純計算で1日あたり60gが糖質摂取量の上限となります。

となると7.2gも日本酒でとるのは、少し糖質のとりすぎですね。

糖質制限ダイエット中にアルコールを飲むなら、
焼酎やウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒を選びましょう。

蒸留酒はお酒を作る製法が異なるため、
ビールや日本酒と違って糖質が含まれていません。

日本酒以外のアルコール飲料の糖質をチェック

日本酒以外のお酒の糖質量はどうなのでしょうか?

気になる糖質量をチェックしてみましょう。

  • 焼酎 0g
  • ウイスキー 0g
  • ウォッカ 0g
  • ブランデー 0g
  • 赤ワイン(グラス1杯) 1.5g
  • 白ワイン(グラス1杯) 2.0g
  • ビール(1缶) 10.9g

焼酎やウイスキー、
ウォッカといった蒸留酒は糖質がゼロなのが魅力ですね

ビールは糖質制限ダイエット中には避けたほうがいいでしょう。

1 2 3

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.