Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

糖質制限ダイエットのメリット

執筆者 : sapur編集部さん

糖質制限は痩せるということは既に常識になりつつありますが、その他にメリットはないのでしょうか。もし痩せる以外にもメリットがあるのであれば、それをモチベーションに頑張れますよね。この記事では糖質制限のメリットについてご紹介します。糖質制限を始めたいけど、まだ踏ん切りがつかないという人はこの記事を参考に、是非始めてみてください。

痩せる

普通の食事をしていると、
人間の身体は食事に含まれる糖分からエネルギーを作り出しますが、
糖質を制限すると、糖からエネルギーを作れなくなります。

そこで代わりにエネルギーとなるのが体脂肪です。
身体に蓄積された体脂肪を消費してエレルギーを作り出しますから、
結果として糖質制限をすると痩せるのです。

糖質制限のメカニズムを詳しく知りたいという人は、
合わせて下の記事も是非読んでみてください。

血糖値の上昇を抑えられる

糖質制限をすることで
血糖値の上昇を抑えることができます

血糖値とは血液中のぶどう糖の濃度を表す値のことを指します。
食事から摂取した糖質は小腸で吸収された後に
ぶどう糖となって、血液の流れに乗り、全身に運搬されます。
この時、血糖値が上昇します。

糖質制限をすることによって
ぶどう糖の元になる糖質が食事から摂取されなくなりますから、
必然的に血糖値の上昇を抑えることになるのです。

血糖値の上昇を抑えると、どんなメリットがあるのか

では、血糖値の上昇が抑えられると、どんなメリットがあるのでしょうか。
代表的なものとして、下のような事柄が挙げられます。

・脂肪が付きにくくなる

血糖値が上昇すると、血糖値が上昇しすぎないように
肝臓からインスリンというものが分泌されます。

このインスリンは別名肥満ホルモンとも言い
脂肪を溜めこむ作用も併せ持っています。

インスリンは、基本的に糖質を摂取し、血糖値が上がった時にしか分泌されません。
そのため、血糖値の上昇を抑えることで、脂肪が付きにくい身体になります。

・糖尿病の予防になる

糖尿病の原因はストレスや高カロリーの食事など多岐に渡りますが、
肥満が原因で糖尿病になってしまう人も少なくありません。

糖尿病とは、上記のようなことが原因で、インスリンの効果が薄くなり、
結果として血糖値が以上に高くなってしまっている状態を指します。

糖尿病になってしまうと、尿と一緒に糖を排出し、
糖からエネルギーを作れなくなるので、
筋肉を分解してエネルギーを生成するようになり、病的な痩せ方をしてしまうほか、
最悪の場合、失明や指先の壊死といった深刻な事態に陥ってしまいます

糖質を制限することで、糖尿病の原因の一種とされる肥満を解消することができますし、
食事を摂ることによる血糖値の上昇も避けることができます。

このことから、
糖質制限をすることで糖尿病の予防ができると言えます。

眠くなりづらくなる

お昼ご飯を食べた後に、眠くなってしまうという事はありませんか。

食事で糖質を摂取すると、血糖値が上昇しすぎないように
インスリンが分泌されるというのは先述の通りです。

しかし、一度の食事で糖質を摂りすぎると、
血糖値の上昇にインスリンの分泌と働きが追い付かず、
血糖値が高いままになった状態になることがあります。

これを過血糖と言います。

過血糖の状態になると、眠気に襲われる、倦怠感に苛まれる、
不安になるといった身体にあまり良くない症状が現れます。

ちなみに、昼食後に眠気が酷く、横にならないといけないほどであれば
糖尿病の可能性があるので病院に行ってください。

この過血糖は運動不足な人、そうでない人で違いが出るわけではありません。

現にスポーツ選手がスポーツドリンクをがぶ飲みし、更に発汗することで過血糖になり
ペットボトル症候群」という名前がつくほど問題視されたこともあります。

糖質制限をすることで、この過血糖を防ぐことができますので、
結果として眠くなりにくくなります。

昼食後に眠くて集中できないなと感じている人は
昼食に摂る糖質の量を減らしてみると良いでしょう。

続けやすい

ダイエットは、食べたいものが食べられない、運動がキツい
そして続かないというネガティブなイメージがあります。

しかし、糖質は上のような心配はなく、
比較的、他のダイエット方法より続けやすい方法になっています。

その理由としては、主に次の通りです。

・「制限」であって、「禁止」ではない。

糖質制限はあくまで「制限」であり、「禁止」ではありません。
糖質制限には種類があり、

  • 1日の食事の内、3食全てを糖質制限食にするスーパー糖質制限
  • 1日の食事の内、2食を糖質制限食にするスタンダード糖質制限
  • 1日の食事の内、1食を糖質制限食にするプチ糖質制限

の3つに分類されます。

ますはプチ糖質制限から始め、慣れてきたらスタンダードに切り替える、
といったことも可能ですので、
いきなり糖質が全く食べられなくなってしまうということにはなりません。

・糖質さえ気を付ければしっかり食べることができる

糖質制限はカロリーについては特に言及していません

糖質を控えてさえすれば、基本的には何を食べてもOKということになります。

お昼にステーキをたらふく食べても問題ありません。

空腹感に苛まれることなく、
満腹になるまで食べられるのでストレスを感じることも少ないでしょう。

・どうしても甘いものが食べたくなっても大丈夫

どうしても甘いものが食べたいという場合は、ラカントを使うと良いでしょう。
ラカントとは天然甘味料の一種です。
甘みを感じますが食物繊維に分類されるもので、血糖値の上昇に影響を与えません

このラカントは、市販されており、
主に「ラカントS」などの商品で、スーパーなどの店頭に並んでいます。

ラカントについては、以下のページも参考にしてみてください!

・辛い運動の必要なし

糖質制限以外のダイエットは基本、運動が必要となります。

それは、エネルギーとなる糖の消費を早め、
体脂肪からエネルギーを作るようにする必要があるためです。

しかし、糖質制限だと、そもそもエネルギーとなる糖質が少ないので、
特に運動をしなくても、体脂肪からエネルギーを作るようになります。

運動が苦手、運動が嫌いという人でも、安心して取り組むことができます

まとめ

  • 糖質制限をすると痩せる上に脂肪がつきにくくなる
  • 昼食後、眠くなって集中力が切れる人には糖質制限がおすすめ
  • 糖質制限は糖質さえ管理できていればしっかり食べることができる
  • 辛い運動は、特にしなくても大丈夫

これまでダイエットに挑戦したけど、
運動が辛くて途中で投げ出してしまった。
食事制限が辛くて途中で諦めてしまった。
という人は、糖質制限ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

糖質制限ダイエットでは、無理な食事制限、辛い運動は一切必要ありません。
さらに、糖質制限ダイエットには、痩せる以外にも
太りにくくなる、食後に眠くなりにくくなるといった
さまざまなメリットがあります。

まずは、1日の食事の内、1食を糖質制限食にすることから
始めてみましょう!

当サイトには糖質制限中に食べて良い食材、食べない方が良い食材について
分かりやすく一覧にまとめていますのでこちらの記事も参考にしてください。

その他、糖質制限ダイエットについての情報も盛りだくさんです。
ぜひチェックしてみましょう。

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.