Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

糖質制限中のみりんの代わりは?ダイエット中も使える調味料をご紹介!

執筆者 : sapur編集部さん

煮物や照り焼きなどの和食料理には、欠かせないみりん。料理に甘味とツヤ、コクを与えてくれる優れ調味料ですよね。ダイエット中の人にとっては、糖質制限中にみりんを使ってもいいのかが気になるところ。みりんを含め、塩やしょうゆ、ケチャップなど、家庭の調味料の糖質量をご紹介します。しっかりチェックして、調味料を使うときに悩まないようにしましょう。

糖質制限中はみりんは控えめに!

糖質制限中のみりんの使用は、なるべく最小限に抑えましょう。

みりんの糖質量は大さじ1杯で7.8gと、
少なくはありません。

調味料は1度に大量に摂取するものではないとはいえ、
料理に大さじ1杯程度なら毎日のように使う家庭も。

なかにはわざわざ計量せずに、
目分量で鍋に投入する人もいるのではないでしょうか?

そうすると、大さじ1杯分(7.8g)をオーバーして、
10gや15g分になることもありますよね。

糖質をできるだけカットしたいなら、
みりんの使用には注意しましょう。

糖質制限ダイエット中は調味料の糖質にも気をつけよう

日本糖質制限協会の江部医師は、
1回の食事における糖質量を10g~20g以下
抑えることを推奨しています。

1回の食事の糖質量を20gにするとしても、
みりんを大さじ1料理に使うだけで、
食事の3分の1超の糖質量をみりんが占めることになりますね。

そう考えると、少しとりすぎです。

他のおかずとの糖質の割合を考えて、
できるだけ調味料からも糖質を減らすのが賢い糖質制限です。

12

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.