Sapur [サプール]ダイエット情報まとめサイト

記事

糖質制限中に紹興酒は飲んでも大丈夫?紹興酒は身体に良い?

執筆者 : sapur編集部さん

紹興酒は中国生まれのお酒です。日本での人気が高く、だいたいどこの中華料理店にも置いているので飲む機会も多いのではないでしょうか。そんな紹興酒ですが、糖質制限をしているときに飲んでもいいものかどうか悩みますよね。この記事では紹興酒が糖質制限に向いているのか、飲む際の注意点についてご紹介します。紹興酒を飲む機会の多い人はぜひ参考にしてください。

糖質制限中は避けるべき

紹興酒は日本酒と同じく米と麹からつくられ、
カラメルを加えることで色をつけています。

糖質制限をしたことがある人であれば、もう分かるでしょう。

糖質制限中に飲むことは基本NGな日本酒と同じ作られ方で、
かつカラメルが加えられた紹興酒は、
日本酒よりも糖質が高めです。

その糖質量は100mLあたり5.1gです。

紹興酒の小さなグラスで50ml、
やや大きめのグラスで100mlですので、
簡単に5g以上の糖質を摂取してしまいます。

 

1日に必要な糖質摂取量とは

糖質制限の食事をするにあたっては、
1日に必要な糖質摂取量を知っておかなくてはいけません。

一般社団法人 日本糖質制限医療普及推進協会によると
1食あたりにとって良い糖質量は10g~20g
とされています。この数値は
血糖値を良好にコントロールできる基準値です。

血糖値が上がると、
体に脂肪がつきやすくなってしまうので、
この基準を守らなければ
糖質制限をする意味がなくなってしまいます。

糖質10gというのは、砂糖ですと小さじ3杯に相当し、
白米ですと茶碗1/6杯に相当します。

血糖値が上昇すると、
血糖値正常に戻そうとするためにインスリンが分泌されます。

インスリンは糖を脂肪に変える作用があるため
糖質を多くとるほど、太ってしまうというメカニズムになっています。

紹興酒の糖質量は100mLあたり5.1gであるということは、先述の通りです。

紹興酒の場合ですと、200mL、
やや大きめのグラス2杯で糖質量が10gに達してしまいます。

紹興酒だけなら10g~20g以内に収めることは可能ですが、
紹興酒だけで1食済ませることは身体によくありません。

肉や魚といったおかずにも糖質は含まれているので、
紹興酒は糖質制限には不向きと言えるでしょう。

1 2

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

sapur編集部さんプロフィール

sapur(サプール)は美容と健康の総合情報サイトです。 健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容...
>>続きを読む

関連記事

Copyrights c Sapur. All Rights Reserved.